モテ男の条件

日焼け対策



写真
焼く、焼かないとは?

焼く、焼かないで検索すると

食パンを「焼く、焼かない」が検索されました。

焼いたときの「カリカリ」「サクサク」とはうってかわって、「もちもち」「しっとり」食感が好きな焼かない派の皆さんの意見。

確かに、それを売りにしている食パンって多いですよね。

双方に軍配かな・・・・


次に焼きもちをやく、やかない?がヒットしました。

つきあっている彼氏にやきもちばかり焼かれるのは、女性にとってちょっとうっとうしいものです。

しかし、反対に何があってもまったくやきもちを焼かれないというのも、女性を不安にさせるものです。

「もしかして、冷めてるから?」と、彼氏の気持ちをつい疑ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、気持ちは冷めていないのにやきもちを焼かない理由について、お話しします。

@彼氏が恋愛経験豊富で、男性としての自分に自信があるというケース。

Aつきあっている彼女のことはもちろん愛している。けれど、それが自分の人生で一番重要なことだとは考えない。

恋愛は人生の一部に過ぎず、占める割合は大きくない、と考えるケースです。

B「女にやきもちを焼くなんて、男らしくない」と考えて、何とか感情をコントロールしている。

・・・・です。如何でしょうか?


最も関心の高いのは、肌を焼く、焼かないでしょうね!

女性たちの日焼けに対する考え方を聞いてみました。

焼かない派……94.8%

焼く派……5.2%

圧倒的に「焼かない派」の女性が多いという結果になりました。

では、夏でも焼かない理由について詳しく聞いてみましょう。

シミ・そばかすの原因になるので、痛くなったり、かゆくなるので、皮がめくれたりしてあとが大変だから、美白命なので紫外線は一年中欠かさないようですよ。

次に焼く理由は、ズバリ「夏だから」というわかりやすい回答。

色白肌もいいけれど夏らしく見せるためには日焼けしている肌のほうがいいということのようです。

色白よりも小麦色のほうが健康的に見えるというのが理由のひとつ。青白い肌より小麦色の肌のほうが夏に似合うのは確かですね。

「日焼けをしない」という女性のほうが多数派となりましたが、紫外線による体への悪影響もいろいろと耳にするので当然の流れといえるかも。

美白が一大ブームとなったのはかなり以前ですが、それ以降も肌が白いほうが男性ウケがいいとか清楚に見えるということで美白を守り通すという女性は増加傾向にあります。

その日焼け対策についてご紹介します。



写真
日焼け対策についてご紹介します。



◆日焼け止め B.Aプロテクター二つの長所が両立

保湿効果・浸透力・みずみずしい感触を実現、日中も乾き知らずの潤い肌を目指します


◆日焼け止め【エクスボーテ】これ1本♪

忙しい女性におすすめの時短メイクで ナチュラルメイクも日焼け止めもこれ1本♪


◆HAS パーフェクトCCでメイクの悩み解消!

美容液ベースCCクリームで時短メイク 自然な仕上がりで高スキンケア!【HAS パーフェクトCC】


◆ノンケミカル美白BBで1本で6役簡単時短メイク!

ノンケミ、美白BBクリーム誕生! 1本でクリーム+化粧下地+コンシーラー+美白美容液+日焼け止め+ファンデーションの6役!


◆オーガニックUVミルク美容業界から好評!

コスメランキング1位の実績を持つ、肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品『HANAオーガニック(HANAorganic)』です。